ビジネス、試験勉強、子供の教育にもグングン成果が上がる。みるみる冴える脳!ひらめく頭!とっておきの「脳力アップ術」を公開!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳の衰えを防ぎ、頭をよくする指の使い方


「指に考えさせる」と脳は賢くなる

指先を使った運動は脳の老化防止にいいといわれる。そこで、せっせとプラモデルをつくる人もいるが、じつはそれだけで頭の老化を防止することはできない。指先を使うとたしかに脳の活性化につながるのだが、強く刺激するのは脳内の運動をつかさどる部分。

脳には運動機能をつかさどる部分と学習機能をつかさどる部分が分かれていて、運動機能の部分を発達させても、学習機能の部分にはあまり影響しないのである。どんなに指先を使っていても、それが頭を使わない作業では脳全体の老化防止にはならない。

脳の衰えを防ぐには、学習機能をつかさどる部分も発達させる必要がある。それにはものを考えたり、好奇心をもって毎日を過ごすことが大切になる。プラモデルをつくるなら、なぜここはこういう構造になっているのかなど、考えながら指を使う人のほうが、何も考えずにただ指先を動かしているだけの人より、ずっと効果的に老化を防止できるのだ。

「指折り体操」で脳の活性トレーニング

頭を活性化するには、指を動かすことが大事だが、興味もないのに、そのためだけにピアノを習ったり、プラモデルをつくるというのもたいへんである。そんな人のために考案された、特別な技能がなくてもできる「指折り体操」がある。

まず、左右の人さし指を、第二関節で直角に曲げる。このときほかの指は一緒に曲げず、伸ばしたままにしておく。次に人さし指と薬指の第二関節を、同時に直角に曲げる。先ほどと同様、ほかの指はまっすぐに伸ばしておく。最後に、中指と小指を同じように曲げ、ほかの指はまっすぐに伸ばす。

以上ができたら、今度は両手の人さし指から、指を一本ずつ曲げていく。小指まで曲げたら、もう一度人さし指まで戻していく。その後、右手は人さし指から、左手は小指から曲げていく。これを10回ほど行なったら、今度は人さし指と薬指、中指と小指といった具合に、二本の指を同時に曲げていく。これも10回ぐらいやったらOKである。最初のうちはあせらず、きちんと曲がるようにゆっくり取り組むことが大切だ。


スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

なぜ歩く事が脳にとって重要なのか


なぜ散歩は脳をリフレッシュさせるのか

京都・銀閣寺の近くには「哲学の道」と呼ばれる小道がある。哲学者の西田幾多郎(にしだきたろう)がこの道を歩いて思索にふけったといわれる。また、ドイツの哲学者カントも毎日の散歩のなかで、思索を重ねていったという。

彼らにかぎらず、ものを考えるとき散歩をする人は少なくない。散歩はしなくても、作家がアイデアにつまったとき、部屋のなかをぐるぐる歩き回ったというのもよく聞く話だ。ではなぜ散歩をすると、いいアイデアが浮かびやすいのだろうか。

それは、足の筋肉を動かすことで、脳が活性化することもあるが、もう一つ理由がある。心臓からもっとも遠い場所にある足を動かすと、血液の流れがよくなるのだ。「足は第二の心臓」といわれるくらいで、歩くことによって血のめぐりがよくなると、新鮮な血液が脳に送りこまれ、脳が活性化しやすいのである。

汗ばむくらい歩くとよい理由

仕事で疲れたとき、帰り道はついトボトボ歩きになりがちだ。だが、そんな歩き方は、ますます疲れが増すもとである。それよりも、元気よく手を振って歩いたほうが、体のためにも脳のためにもいい。元気よく早足に歩いていると、やがて体が汗をかきはじめる。

それは、体の新陳代謝がよくなっている証拠で、そのぶん血流もよくなっている。血液の流れがよくなれば、脳にも十分な血液が送られ、それだけ脳が活性化しやすくなるのだ。また、汗ばむほど真剣に歩いているときは、よけいなことを考える余裕がなくなる。

これが仕事の悩みを忘れさせ、気分をリフレッシュさせてくれるのだ。汗ばむほど歩くには、大きく腕を振って歩くことだ。さらに、足は踵(かかと)から地面につけ、大股で胸を張って歩くことが大切だ。

体が柔らかくなると脳も柔らかくなる

歩くことが脳に与える効用はいろいろあるが、その一つに体をやわらかくすることがある。年をとると体がだんだん硬くなるが、ふだんからよぐ歩いている人は、それだけ足や手、肩などの関節が使われ、やわらかくなっていく。

ではなぜ、体がやわらかいと、脳にいい影響をおよぼすのだろうか。体の硬いやわらかいというのは、体の部分をつなぐ腱や靭帯の状態によって決まる。これらが衰えると、体は硬く動きにくくなるのである。腱や靭帯は、体が受けた興奮を脳に伝えるが、途中の網様体という部位で、一部が枝分かれしている。この網様体が刺激されたとき、脳は活動的になり、刺激が弱くなると脳の働きは弱くなる。

つまり、腱や靭帯が鍛えられて、刺激を伝えやすい状態であるほど、脳に強い刺激が送られ、その刺激により脳が活性化されやすいのである。たくさん歩いている人は、この腱や靭帯が鍛えられているぶん、脳が活性化しやすいというわけだ。

全身の筋肉を使うことの意味とは

歩くには、足だけでなく、全身の筋肉を使うことが必要だ。筋肉をよく使うと、脳への刺激となり、脳を活性化させる効果がある。なぜなら、筋肉は体の半分以上を占めるほどの重さをもっており、それを動かしているのは、脳だからである。

筋肉を使うというのは、脳を使うということであり、たくさんの筋肉を使うほど、脳に多くの刺激を与えることになるのだ。汗ばむくらいに大きく腕を振ってズンズン歩くことが、よい全身運動になる。しかもスポーツが苦手な人でも、歩くことならいつでも簡単にできる。脳に刺激を与えるための筋肉の鍛え方として、歩くことはひじょうに適した運動なのだ。

歩くときは、背筋をまっすぐに伸ばす

歩くとき、とくに注意したいのは、逆に背筋をまっすぐ伸ばすことだ。意識して背筋を伸ばすことで、背中がいつも伸びた状態でいられるように筋肉を鍛えるのだ。背中を丸くして歩いている人は少なくないが、そうした姿勢は見た目が貧相なだけでなく、脳にもいい影響を与えない。

背中は脊髄が通っている場所であり、脊髄は「脳のしっぽ」といわれるくらい、脳との関係が深い。脊髄には神経細胞や神経線維が通り、中枢神経系をつかさどっている。脳と末端との間をつなぎ、知覚刺激や運動刺激を伝達しているのだ。

脳を支えているのも脊髄であり、これが曲がっていると、脳への刺激も鈍化してしまうのである。そんなわけで脳を活性化するには、背筋をまっすぐ伸ばすことが大切になる。だからといって、仕事をしているときやふだんの生活で背筋を気にしすぎていてはくつろげないが、せめて歩くときくらいは、背筋を意識的に伸ばすだけでも、脳に与える影響は違ってくる。


テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

こんな趣味が、あなたの頭をイキイキさせる


つねに熱中できる趣味をもつ

年をとってくると、若いころに熱中していた趣味も、さほどおもしろくなくなってくる。たいていは体力的、精神的な限界のためだが、その趣味をやめてしまうのは避けたほうがいい。熱中できる対象を失うと、気力が減退してくる。そればかりか、知力も落ちてくるからだ。

何事かに熱中すると、あれこれ上達の方法を考えたり、新情報を取り入れようとするものだ。そういう対象を失うと、考えたり、好奇心をもつ機会が減ってしまうのだ。もちろん、体力面での限界から、何らかの趣味をあきらめざるをえない場合もあるだろうが、そのときは、何か代わりに新しい趣味に挑戦するといい。

自分のいまの状態に合わせながら、新しい趣味をつくっていくのである。こうやって、人生に新しい趣味を取り込んでいくことで、頭は刺激を受け、知力は鍛えられていく。

一日一回得意なことをする

仕事や勉強をしているときは、必ずしも得意なことをしているわけではない。むしろ、苦手なことをマスターしようという時間のほうが長いくらいだろう。そうして苦手なことばかりをやっていると、やがては頭のスランプを招くことになりやすい。

「どうも苦手だ」 → 「自分は能力が低い」 → 「何をやってもムダだ・・・」というような悪循環に陥りやすいのである。そこで、苦手な勉強や仕事をしているときには、一日30分でも得意なことをする時間をつくっておくといい。どんな趣味でもかまわない。

自分の得意なことに取り組むことで、頭のなかのバランスがとれるのだ。得意なことをすれば、そこで確実に成功体験を得ることができる。その満足感が、自分への自信となるのである。

カラオケを大声で歌うと頭が冴えてくる

ストレス解消や仲間との交流にカラオケは欠かせないものだが、そのカラオケを歌いながら、頭をよくすることもできる。カラオケを歌うとき、腹の底から声を出すようにするのだ。これだけのことで、頭が冴えてくるはずだ。

腹の底から声を出していると、体内の血管が拡張していく。体内の血の流れがよくなり、脳にも栄養や酸素がより多く送り込まれる。そのため、脳は活発に動きはじめるのだ。また、腹の底から声を出すと、横隔膜を振動させることになる。横隔膜の振動は自律神経を刺激し、体内の調子を整える。

体内の調子がよくなれば、頭の調子もよくなっていく。また、腹の底から声を出せば、ストレスも吐き出せる。くよくよした気持ちを吹き飛ばして、頭を働かせることができるのだ。

俳句をひねると右脳がフル回転になる

趣味というと、お金がかかるものと思いがちだが、案外そうでもない。たとえば、俳句である。お金がかからないうえ、俳句には頭をよくするという効果まである。とりわけ、ふだん眠りこみがちな右脳を働かせる効果がある。

俳句では、五・七・五というわずか一七文字の短い文のなかに、一つの世界を描き込まなければならない。そこから生まれる世界は、詠み方しだいでスケールの大きなものにもなれば、奥行きの深いものにもなる。あるいは華やかな色彩をあらわすこともできれば、水墨画のような世界を描くこともできる。

そして、その発想のもととなるのは、美しい風景や日常的な光景に対する観察であり、写生である。そして、それをもとにイメージをふくらませていく作業が必要になる。それをやってのけるのが人間の右脳なのである。俳句を詠めば、右脳がフル回転することになるわけだ。

手先を使う趣味で脳に新鮮な刺激を与える

何か趣味をもとうというときは、自分の関心にしたがうのがいちばんだ。と同時に、頭の活性化のために、一つ頭に入れておきたいことがある。それは、なるべく手先を使う趣味を選ぶことだ。

手先を器用に使う趣味というと、手芸や料理がすぐにあがるだろう。あるいは、ピアノや三味線といった楽器の演奏もそうだし、書道や絵画もそうだ。麻雀も、けっこう手先を使う趣味といえるだろう。

こうした趣味を楽しみながら、手先をよく使っていると、手先からの刺激が脳に伝わる。しかも、ふだんの生活にないタイプの刺激だ。ふだん仕事でペンを握ったり、パソコンを打ったりしていても、たしかに手先を使う。ただし、その手先の運動はマンネリ化しているため、脳にとっては新鮮な刺激とならない。

一方、趣味での手先の運動は、ふだんとは違うぶん、脳にとって、新鮮な刺激となるのだ。その手先の運動については、できれば左右両方の手先をよく動かす趣味がいい。右脳と左脳を均等に刺激することができるからだ。

テーマ:心・脳・言葉・人工知能 - ジャンル:学問・文化・芸術

おしゃべり程度の会話にも、こんな大切な効果が・・・


会話は脳にとって最大の「刺激」

世の中には、喜怒哀楽を顔にあらわさず、いつも能面のような顔をしている人がいるものだ。なぜ、そんな顔をしているのか探ってみると、人間関係がわずらわしいという理由からのことが少なくない。しかし、そういう考え方をしていると、確実に頭の働きは鈍くなっていく。

人間は、人間にとっての最大の「刺激物」といえる。人間と出会い、話すことは、頭への絶好の刺激になるのだ。世の中、いろいろな人がいるもので、人とつき合えば、そのぶんさまざまな刺激が頭のなかに入ってくる。できれば、冗談のいい合えるような仲のいい友人を何人かっくっておきたい。冗談をいい合って笑うことも、頭を冴えさせるのに効果があるからだ。

親しい友人と心から笑い合えば、脳内のシナプスからドーパミンという物質が流れ出す。これが、脳を活性化してくれるのだ。さらに、人にうける冗談をいおうとすると、けっこう頭を使う。脳のなかのいつもはあまり使わない部分まで総動員しないと、タイミングよくうまい冗談は出てこない。冗談は頭の体操になるわけだ。

おしゃべりは「脳の掃除役」といえる理由

住宅ローンや子どもにお金がかかるなどの理由から、懐が寂しくなり飲みに行く回数が減ったというサラリーマンもいるだろう。たしかに、ある程度の節約もしかたがないだろうが、あまりにケチケチするのは、頭のためにもよくない。

飲み屋に行って仲間としゃべると、日ごろ不満を感じていることや、不安に思っていることを吐き出すことができる。愚痴や未練は、大人としてあまり格好いいことではないにしても、頭のためにはけっして悪いことではない。

自分の将来や人間関係に不安や不満を感じて、一人で悩んでいると、脳は不活発な状態に陥ってしまう。思考が堂々めぐりし、頭をフル回転させようにも、なかなかできない。不安や不満が思考の邪魔をするのだ。

その頭のもやもやを掃除するのが、おしゃべりといえる。人に話して、自分の不安や不満を吐き出してしまうと、頭のなかがすっきりしてくるものだ。頭を冴えさせるには、そんな何でもいえるおしゃべりの場を積極的につくったほうがいい。同僚どうしの愚痴や上司の悪口をいうのも、頭にとってはいい薬になるのだ。

恋人の存在は、仕事や勉強の妨げにならない

欲しいものを手に入れるために、「○○断ち」をすることがある。「大学に合格するまでCDを聴かない」「英検一級をとるまでお酒を飲まない」といった話である。だが、このとき「○○するまで彼女とは会わない」とか「○○するまで彼氏をつくらない」とするのは、賢い方法とはいえない。

人は身近に異性がいたほうが、仕事や勉強に、いっそう身が入りやすくなるからだ。これは人だけではなく、動物全般に共通する「心理」といっていい。

たとえば、オスのチンパンジーに、高いところにあるバナナをとらせるという学習をさせるとき、誰もいないときには意欲的でないチンパンジーでも、メスを連れてくると踏み台を使ったり棒をもったりと、いろいろな工夫をしだすのだ。

人間も同じで、身近に彼や彼女がいたほうが、仕事や勉強に身が入りやすくなる。デートのときの「がんばってね」というひと言が疲れをいやし、活力を与えてくれるのである。


テーマ:心・脳・言葉・人工知能 - ジャンル:学問・文化・芸術

脳を活性化させる文章の書き方のコツとは


文章を書くと脳を広く鍛えられる

いまや、ビジネス文書からお礼状の作成にいたるまで、パソコンソフトが代わりにやってくれる時代。ついつい面倒なことは機械にまかせてしまいがちだが、これは頭のためにはよくない。文章を書くことは、脳を活性化させるのに非常に役立つことがわかっている。

文章を書くためには、脳の多くの部位を働かせることが必要だ。まず、何を書くかを考えることで、記憶をつかさどる海馬(かいば)、側頭葉(そくとうよう)などが働く。それを言葉に表現するためには左脳の言語野(げんごや)、さらに創造性をつかさどる前頭葉(ぜんとうよう)も使う。それらに加えて、文字を書いたり、キーボードを叩くという手指の運動で、前頭連合野も働かせることになる。こうしていくことによって、脳全体を活性化させる事に繋がるのだ。

筆マメになって頭を柔らかくする

ワープロ文字で印刷されたハガキの余白に、気の利いたひと言が書きそえられていると、なんとなくうれしくなるものだ。そして、こうした言葉をパツと書ける「筆マメ」な人に頭の固い人はいないようである。その理由は、「書く」訓練を積むことで、脳の働きが活発になっているからだ。つまり、気の利いた言葉を「考える」ことで、脳が常に柔軟に活動しているからである。

逆に、いくら文章を書いても脳が活性化しない場合もある。たとえば、「○○時にレストランで食事をして、○○時に家に帰ってテレビを見て寝た」というように出来事を並べるだけだったり、「暑中お見舞い申し上げます」など、決まり文句を書くだけでは、脳を使って文章を書いたとはいえない。

また、キーを叩くだけで漢字に変換してくれるパソコンより、記憶力を必要とする手書きを心がけたほうがいい。要するに「書くこと」とは「考えること」であり、それが「脳を鍛えること」になるのである。

日記や手紙は脳をストレスから守る

文章を書くのがキライな人は、書くこと自体がストレスだと思い込んでいるかもしれないが、じつは、書くことは頭脳を鍛えるだけでなく、ストレスで疲れた脳をほぐしてくれるという一石二鳥の脳活性術なのだ。

そこでおすすめなのが日記をつけること。一日の出来事をふり返り、心にわだかまったことや、いま抱えている不安、葛藤などを正直に文章にすることで、ありのままの自分と向き合うことができる。その結果、カタルシス(浄化作用)が得られ、穏やかな気持ちを取り戻すことができるのだ。

もちろん手紙も効果的だ。仕事やプライベートの悩みを友人に打ち明けたり、外国にいる知人に日本での暮らしぶりを書いてエアメールで送ってみるのもいい。自分の気持ちを文章に書くだけでスッキリし、脳が受けたストレスもほぐすことができる。

文章を書く時間をひねり出すには?

文章を書くのに適した時間はいつか。それはズバリ午前中である。たとえば、あなたが会社員なら、午前六時には起床して、出勤前に毎日書くという習慣をつけてみてはどうだろうか。

寒い冬の早朝などは、起きるのがつらいものだが、いったん早朝に書くことを習慣づけてしまえば「さあ今日も書
くぞ!」と前向きな気持ちが湧きあがり、すっきりベッドを離れることができるようになる。

そして、特別な用事や旅行などがないかぎり、そのぺースを崩さないよう維持することを心がけるといい。大切なのは、執筆の時間にトップコンディションを保つこと。外部からの電話やほかの用件はすべてシャットアウトして、執筆にただひたすら集中するのだ。

文章を書く時間は、自分の時間を工夫してつくり出すもの。早寝早起きで執筆時間を確保し、もっともっと頭脳を活性化させよう。

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 眠れる「脳力」を全開にする最強の頭脳革命 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。