ビジネス、試験勉強、子供の教育にもグングン成果が上がる。みるみる冴える脳!ひらめく頭!とっておきの「脳力アップ術」を公開!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単語や構文をしっかり覚える確実な方法


英語を覚えるときは五感を総動員する

英語をマスターしようというとき、ただ英文を読んでいるだけでは、少々心もとない。思ったほどの効果がなかなかあがらないだろう。英語を覚えるためには、目だけでなく、五感を総動員する必要があるからだ。

英語を目だけでなく、口に出して読めば、耳からも英語が入ってくる。また、会話文などを身振り手振りをまじえて読んでいくと、体からも英語が入ってくる。こうやって、頭に英語が入っていくルートを増やすことで、英語がより頭のなかに定着しやすくなるのである。

さらには、英語の歌を歌ってもいい。歌なら楽しく英語に接することができるし、ふだん勉強ではあまり使わない右脳を刺激できる。メロディーやリズムが右脳を活性化することによって、より英語を吸収しやすくなるのだ。

暗唱は読む時間の4倍をあてる

英語をはじめとする外国語をマスターしようというとき、短文の暗唱は有効な方法の一つだ。短文を暗記すれば、たんなる単語の暗記とは違って、応用がきくようになるのだ。

その暗唱、やっているのになかなか効果が出ないという人がいるが、それは時間のかけ方のコツを知らないためだ。暗唱には、ある程度まとまった時間をかけることが必要なのである。

読みの時間との配分でいうなら、読みを1とするのに対して、暗唱を4とするといい。このことは、ゲイツという学者の実験によっても証明されている。

ある程度じっくりやることで、暗唱による記憶量は増えていくのである。暗唱を少しずつくり返していくと、自然に外国語独特のリズムや流れがわかってくる。そこまでいくと、暗唱の効果がよりあらわれやすくなるのだ。

反対語、類義語をセットにして覚える

英単語を覚えていくとき、出てくる単語をただひたすら覚えようという人は少なくない。とにかく単語数を増やそうと思ってのことだろうが、これは効率のいい勉強法とはいえない。

それよりも、1つの単語を覚えるときには、反対語、類似語をワンセットにして覚えたほうがいい。単語を1つだけ覚えようとしたのでは、その単語のイメージがなかなか湧きにくい。

一方、反対語や類似語をセットにすると、イメージが湧きやすくなる。イメージが増幅されるぶん、その単語とその周辺の情報が頭に入りやすくなるのだ。

1つの単語を覚えるだけでもひと苦労なのに、いくつもの単語をセットにして記憶するのは大変だという意見もあるだろうが、そこは心配無用である。

じつは、英単語の反対語や類似語は、元の単語につづりが近い。それだけ印象に残りやすいのだ。たとえば「belief(信用)」という単語が出てくれば、反対語は「un」をつけて「unbelief」で「不信」という意味になる。また、「belief」の動詞形が「believe」なら、形容詞は「believable」さらに、その反対語は「unbelievable」となって「アンビリーバボー」である。すると、テレビのバラエティ番組などで、お笑い芸人が「アンビリーバボー」とおどけていたのを思い出せば、スッと頭に入ってくるだろう。

というわけで、セットにしたほうが頭のなかで関連づけや整理ができるので、かえって記憶が定着しやすく、忘れにくくなる。長い目で見れば、時間の節約にもなる暗記法なのだ。
スポンサーサイト

テーマ:勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 眠れる「脳力」を全開にする最強の頭脳革命 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。