ビジネス、試験勉強、子供の教育にもグングン成果が上がる。みるみる冴える脳!ひらめく頭!とっておきの「脳力アップ術」を公開!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スランプに陥った人によく見られるのが、悩みを自分のなかに抱え込んでしまうことだ。苦しい思いをしているのだが、人に話すのが恥ずかしくて、つい黙っている。

あるいは、誰かに話したい気持ちはあるのだが、どう話せばわかってもらえるかわからず、話せない人もいるだろう。

それでも、スランプ時には、自分の悩みを他人に話したほうが、克服への近道になる。人に話すことの効用はいろいろあって、一つは話すことで気持ちがスッキリすること。

気持ちが軽くなれば、それだけでもスランプから抜け出しやすくなる。また、話すには、自分の状態を相手に説明しなければならない。

いつごろからスランプになり、どんなふうに調子が悪いのか、どう苦しいのかを話すと、自分がいま置かれている状況が自分でもよくわかってくる。そこから、解決への糸口が見つかることもある。

さらに、話し相手から「なぜなの?」とか、「こういう考え方もあるんじゃない?」と聞かれ、それに答えていくと、より多面的な考え方ができるようになるものだ。一面的な見方にとらわれ、堂々めぐりの思考に落ち込んでいる状態から抜け出すことができるわけだ。
スポンサーサイト

テーマ:心・脳・言葉・人工知能 - ジャンル:学問・文化・芸術

Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 眠れる「脳力」を全開にする最強の頭脳革命 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。