ビジネス、試験勉強、子供の教育にもグングン成果が上がる。みるみる冴える脳!ひらめく頭!とっておきの「脳力アップ術」を公開!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二~三時間じっと机に向かって仕事をしていると、作業能率がだんだんと落ちてくるものだ。机に向かっていることも苦痛になってくる。頭が一つのことに集中できるのは一時間半と前に述べたが、一方で、次のような指摘をする専門家もいる。

頭というのはけっこうタフで、二~三時間使ったからといって簡単に疲れたりはしないというのだ。若い女性に四ケ夕の数を二つずつ掛け合わせる作業を行なわせたところ、作業効率をほとんど落とすことなく、十二時間も計算をつづけられたという報告もある。

ではなぜ、集中力がなくなるかというと、これは体の疲れによることが多い。同じ姿勢で座っていて、体が緊張して疲れてくると、集中力がなくなるというわけだ。

こんなときは、ちょっと机から離れて深呼吸したり、横になるだけで、再び作業効率が高まる。あるいは飽きてきた、という場合もある。こんなときは、その作業を一度中断して、別の作業をする。頭をとくに休ませなくても、それだけでモチベーションが高まりやすくなる。
スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 眠れる「脳力」を全開にする最強の頭脳革命 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。