ビジネス、試験勉強、子供の教育にもグングン成果が上がる。みるみる冴える脳!ひらめく頭!とっておきの「脳力アップ術」を公開!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストレスがたまってイライラしているとき、暴カシーンの多い映画を見れば、ストレスを発散できるような気がするものだ。だが、現実はその逆である。暴力シーンや残虐(ざんぎゃく)シーンの多い映画を見ると、その後かえってストレスは高まりやすいのである。

このことは、実験によって証明されている。スウェーデンで行なわれたもので、若者10人を対象に、スウェーデンの映倫(えいりん)で上映禁止となった映画の暴力シーンを2時間にわたって見せた。すると結果は、被験者全員が不快感を訴え、ストレスを感じたときに分泌されるアドレナリンが、通常よりも70パーセントも多く分泌されていた。

アメリカでも似た実験が行なわれ、こちらでは被験者の学生に暴力映画を見せ、ストレスが生じたかどうかを調べるため、血中の副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンの量が調べられた。結果はやはり、副腎皮質ホルモンの量が通常よりも増えていた。

ちなみに、アメリカの実験では、このあとディズニーの映画を見せると、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンの量が30パーセント減少したという。つまり、ストレスを解消したかったら、暴力映画よりも、明るく楽しい映画を見たほうがいいというわけだ。
スポンサーサイト

テーマ:心・脳・言葉・人工知能 - ジャンル:学問・文化・芸術

Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 眠れる「脳力」を全開にする最強の頭脳革命 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。