ビジネス、試験勉強、子供の教育にもグングン成果が上がる。みるみる冴える脳!ひらめく頭!とっておきの「脳力アップ術」を公開!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忙しい現代人には、食事をゆっくり食べる時間すらない人もいる。なかには、宇宙食まがいのサプリメントや栄養ドリンクで「食事」としている人もいるが、そんな食生活をつづけていると、ストレスはたまる一方になる。食べ物をちゃんと噛んで食べることは、脳が活性化するだけでなく、ストレス解消に大きな効果をもつからだ。

このことは、本物の宇宙食を見るとよくわかる。人類が最初、宇宙に行くようになったころ、食事はチューブ状のまさに「宇宙食」といった感じのものだった。ところが、その後の研究で、ただ飲み込むだけの食事では、宇宙飛行士に大きなストレスがたまることがわかってきた。そこでいまでは、パンや肉、クッキーなど十分な咀噌(そしゃく)が必要とされる食べ物が、宇宙食として採用されている。

ではなぜ、よく噛んで食べるとストレスがたまらないかというと、いろいろな理由が考えられるという。一つは噛むことで、アゴの周りの筋肉やこめかみの筋肉がほぐれること。疲れると顔の筋肉が固まってくるものだが、噛むことでこれが解消されるのである。また、よく噛むためには、十分な時間をかけて食べなければならない。これが心をゆったりさせるという効果もあるようだ。
スポンサーサイト

テーマ:心・脳・言葉・人工知能 - ジャンル:学問・文化・芸術

// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 眠れる「脳力」を全開にする最強の頭脳革命 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。