ビジネス、試験勉強、子供の教育にもグングン成果が上がる。みるみる冴える脳!ひらめく頭!とっておきの「脳力アップ術」を公開!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ナポレオンは3時間睡眠だった」といわれるが、その一方で彼の短時間睡眠を支えていたのは、「細切れ睡眠」だったという説もある。ちょっとした空き時間を見つけては、10分ほどコトリと眠る。これによって、睡眠不足を補っていたというのだ。

そして、この細切れ睡眠には、睡眠不足を補うだけでなく、右脳を活性化させる働きがあることが、脳波の調査実験によって確かめられている。右脳はすでに述べたとおり、直観や芸術的な思考をつかさどり、ひらめきや創造性に大きく関係している。ナポレオンは、昼寝、細切れ睡眠によって右脳を活性化させ、おおいに軍事的才能を発揮したともいえそうだ。

私たちも、仕事中に「細切れ睡眠」をとるのは、そうむずかしい話ではない。電車のなかはもちろん、喫茶店や公園のベンチ、机の上でも、10分程度ならとれるはずだ。眠り込まなくても、目をつぶって脳を休めるだけでも効果はある。機会を見つけて「コマ切れ睡眠」をとることで、思いもよらぬアイデアが浮かんでくるかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:心・脳・言葉・人工知能 - ジャンル:学問・文化・芸術

// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 眠れる「脳力」を全開にする最強の頭脳革命 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。