ビジネス、試験勉強、子供の教育にもグングン成果が上がる。みるみる冴える脳!ひらめく頭!とっておきの「脳力アップ術」を公開!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
情報の洪水に溺れないための知的整理術

情報整理の第一歩も明確な意識から

あなたは必要な情報を整理するために、どんな方法をとっているだろうか。記事のスクラップ、情報をノートにまとめるなどいろいろな手段があるが、情報を合理化、能率化するためには、何を第一に考えればいいだろうか。

そもそも情報とは、自分が何かの目的で使うために集めるものである。だから、集めた情報を使って、最終的に何をしたいのかという、先にも述べた目的意識をはっきりさせておくことが、まず肝心だ。

もし、新聞・雑誌の切り抜きや蔵書の整理にばかり気をとられて本来の目的を見失っているなら、もう一度、何のための情報収集、整理なのか、その目的をはっきりさせておいたほうがいい。

莫大な資料のなかから、自分に必要な資料をどれだけ能率的に取り出せるかは、自分の目的意識の有無にかかっている。せっかくの情報整理を時間のムダに終わらないためにも、心がけたいところだ。

スクラップは問題意識の源泉となる

情報収集の基本は、新聞、雑誌やそのほかの資料から必要な情報だけを切り取ってファイルし、整理・保管するスクラップである。スクラップのいい点は、知らず知らずのうちに自分の関心領域が広がっていくことだ。

たとえば、ある映画俳優のファンで、彼に関する記事をスクラップしはじめたところ、彼が老人医療のボランティア活動をしていることを知り、新たに「ボランティア」の項目をつくった。そこから先も、どんどん項目が増えていくといった具合だ。

最初は、ごく限られた自分の関心領域からはじめても、自然と別の世界にまで関心領域が広がっていくのが、スクラップの面白さといえる。いままではまったく興味のなかった世界と出会って、頭に新たな刺激を与えるためにも、スクラップを活用したいものだ。

情報整理の基本は捨てる技術

世の中には、賞味期限の切れた食品から、サイズが合わなくなった洋服にいたるまで、ものを捨てられない人がいる。本や資料も、放っておけば溜まる一方になるが、そのなかには、不要なものも多いはずだ。

ものの整理には、大きく分ければ「保存する」と「捨てる」の2通りしかない。情報整理の基本も同じ。不要なものは潔く捨てることである。

たとえば、誰かにもらった本を捨てるのは申し訳ないような気もするが、保管しておいては本棚の場所をとるばかり。ムダだと思ったら、パッと捨てる勇気をもちたい。

また、保存するにしても、なんとなく大切そうだからとか、今は必要なくても後で役に立ちそうだと考えると何も捨てられなくなる。いま、自分に本当に重要な情報だけを残す。ものを整理するときは、これを肝に銘じておきたい。

3ヶ月に一度は新聞を変えてみる

読み慣れているからという理由で、長年にわたって同じ新聞を購読している家庭は多い。しかし、地方紙と全国紙では扱うニュースが違うように、新聞には各社それぞれの特色がある。

たとえば家庭欄が充実している、他紙では扱っていない社会問題を追っているなど、新聞社によってそれぞれ個性がある。マスコミで活躍する人や業界のリーダーが新聞をいくつも購読して読み比べているのも、新聞各紙に特徴があるからなのだ。

だから、新聞なんてどれも同じと考えている人も、3ヵ月に一度は新聞を替えてみるといい。そのことによって新たな知的刺激を受け、頭の柔軟体操にもなる。いままで知らなかった情報や考え方に接することは、自分の世界を一回り広げることなのだ。

スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 眠れる「脳力」を全開にする最強の頭脳革命 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。