ビジネス、試験勉強、子供の教育にもグングン成果が上がる。みるみる冴える脳!ひらめく頭!とっておきの「脳力アップ術」を公開!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大人は、見たモノを図に描かないと忘れてしまうが、子どもは、見ただけで記憶することができる。子どもは、見たモノから強い印象を受ける感性が豊富だからだ。いいかえれば、子どもは、物事を不思議に思い、疑問に思う好奇心が旺盛だということである。

松下電器の創業者・松下幸之助は、社員だちと外を歩くたびに、目につく建物や変わった服を見ては、「あれは何や?」「これは何や?」と質問を浴びせて社員たちを困らせたという。松下氏は、大人になっても、「子どもの目でモノを見る」力を失わなかったわけで、そんな「老人力」ならぬ「子ども力」が、彼のたくましいアイデアの源になっていたことは想像に難くない。

なぜだろう、何だろうという好奇心。それは、企画や商品を生む精霊となる。たとえば日本で初めてのパンストの開発は、「男性はモモヒキをはくのに、どうして女性ははかないのだろう」という、ひとりのビジネスマンの素朴な疑問から始まったという。

女性は、ストッキングかずり落ちるたびに、物陰でスカートをめくって引っぱり上げている。男のようにモモヒキをはいてしまえば、そんな面倒はないのに・・・。また、当時、物陰でのストッキング調整は痴漢に襲われる機会にもなっだので、女性たちは、二重の意味でストッキングがずり落ちることを心底イヤがっていた。

はたして、日本で初めて売られたパンストは飛ぶように売れて、一年のうちにストッキングを駆逐してしまった。当時、パンストを買った女性たちは、アンケートの調査にこう答えている。

たしかにモモヒキをはくみたいな抵抗感はあっだけれど、ずり落ちないという実用性には捨てがたいものがあったわね。開発者の読みが、ピタリとあたったのだ。これは、子どもじみた素朴な疑問がビッグビジネスを生んだ好例である。

頭のいいビジネスマンは、大人の目を子どもの目に切り替えてモノを見る習慣を身につけている。それを見習って、これから見るモノ、すでに見てしまったモノを、あらためて子どもの目で観察してみることだ。きっと、意外な発見が得られるに違いない。

スポンサーサイト

テーマ:勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 眠れる「脳力」を全開にする最強の頭脳革命 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。