ビジネス、試験勉強、子供の教育にもグングン成果が上がる。みるみる冴える脳!ひらめく頭!とっておきの「脳力アップ術」を公開!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
睡眠時間がいつもより少ないと、一日中ボーッとして、頭がうまく働かないものだ。では、睡眠時間をたっぷりとれば、それだけ頭が働くようになるかというと、そうとはかぎらない。アメリカの心理学者ジョン・タウブは、次のような実験でそのことを証明している。

ふだん8時間眠っている男子学生を集め、彼らに好きなだけ眠ってもらった。学生のなかには、9時間半眠る人もいれば、12時間以上眠る人もいた。平均するとふだんより2.1時間長く眠ったという結果が出た。

その学生たちの起床後、作業能力や注意力を調べるテストを行ない、その成績をふだんどおり8時間眠ったときと、比較した。すると、8時間睡眠のときのほうが、成績はよかったのだ。一方、長く眠ったときは、作業能力や注意力が鈍くなり、しかも眠気も早く訪れることがわかったのである。

その理由について、タウブは、眠りすぎると脳はかえって疲れてしまうと推察している。睡眠時間はほどほどにしておいたほうがよさそうだ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:心・脳・言葉・人工知能 - ジャンル:学問・文化・芸術

// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 眠れる「脳力」を全開にする最強の頭脳革命 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。