ビジネス、試験勉強、子供の教育にもグングン成果が上がる。みるみる冴える脳!ひらめく頭!とっておきの「脳力アップ術」を公開!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脳の働きから考えると、昼寝は脳を活性化させるうえで、ひじょうに効果的である。人間の脳は、昼ご飯を食べた後、消化に血液をとられることもあって、働きが鈍くなる。お昼を食べると眠気をもよおすことが多いのは、そのためである。

このとき、無理に起きているよりも、いっそのこと眠ってしまったほうが、その後、脳が活性化し、仕事や勉強がはかどるのだ。この人間生理をうまく日常生活のなかで生かしているのが、スペインやイタリアなどの「シエスタ」という習慣。昼食のあと1~2時間眠る習慣だが、これによって、午後の仕事や勉強を効率よくすすめられるのである。

休みの日に家で仕事をしなければならないというときは、昼間眠くなってきたら、ラテンの人々を見習って昼寝をしてはどうだろう。平日でも、昼食後、15分ほどの仮眠をとることはできるだろう。喫茶店などでちょっと眠るだけでも、リフレッシュになるはずだ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:心・脳・言葉・人工知能 - ジャンル:学問・文化・芸術

// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 眠れる「脳力」を全開にする最強の頭脳革命 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。