ビジネス、試験勉強、子供の教育にもグングン成果が上がる。みるみる冴える脳!ひらめく頭!とっておきの「脳力アップ術」を公開!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勉強や仕事に集中したいときは、音楽をはじめ、音をすべて遮断したほうがいいように思える。音は集中を妨げるというわけだが、これは半分正解で、半分は間違いだ。もちろん、頭が痛くなるような騒音は問題外だが、むしろ環境音楽程度の音はあったほうが頭の働きはよくなる。

勉強をしていると、いつも順調にすすむとはかぎらない。うまく理解できず、イライラすることもある。そんなとき、まったく音のない空間というのは、イライラを増幅させやすいのだ。逆に、小さな音のある空間のほうが、聴覚からの刺激によって、頭がリフレッシュされやすくなる。

じっさい、業務中に、音楽を流している工場は少なくない。あるいは、創作活動中に音楽を流している画家や陶芸家もいる。音楽が頭に刺激を与え、生産性がアップしたり、創造的な力が湧いてくるためだ。

だからといって、どんな音楽でも頭にいいわけではない。むろん、大音響の音楽は、頭の働きを妨げる。聴き心地のいい音楽を静かに流すことだ。

休憩にはクラシック音楽が最適

勉強に疲れた頭をときほぐしたいときは、ただ休憩するだけでも効果はある。そのリラックス効果をより高める音楽の聴き方がある。頭が疲れたと思ったら、休憩時間にクラシック音楽を聴くのである。クラシック音楽というと、眠ってしまいそうだという人もいるかもしれないが、頭を効率よく働かせるうえで、クラシック音楽のリラックス効果は見逃せないのだ。クラシック音楽が効果的なのは、右脳を刺激するためだ。

ふだん勉強や仕事では、左脳を酷使しているので、休憩することによって、休ませるわけだが、左脳を休ませるだけでは、脳全体の使い方がアンバランスになる。仕事中はあまり使っていない右脳を、休憩時間に刺激することによって、脳をバランスよく働かせることができるのだ。その右脳を適度に刺激するものが、クラシック音楽というわけである。

クラシック音楽のなかでもおすすめなのは、聴いただけで情景が浮かんでくるようなイマジネーションの豊かな曲である。たとえば、ビバルディの「四季」や、チャイコフスキーの「白鳥の湖」などがいいだろう。また、現在はヒーリングをテーマとしたさまざまなCDが発売されている。機会があれば、一度試してみるといいだろう。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:心・脳・言葉・人工知能 - ジャンル:学問・文化・芸術

// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 眠れる「脳力」を全開にする最強の頭脳革命 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。