ビジネス、試験勉強、子供の教育にもグングン成果が上がる。みるみる冴える脳!ひらめく頭!とっておきの「脳力アップ術」を公開!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知的生産性を高める情報収集のノウハウ


独創性を生むには広い知識が必要

どの分野でもトップになる人は、従来の型にとらわれず、自分なりの方法を見つけた人である。独創性こそが成功のカギといえるだろう。

しかし、独創的なものの見方、考え方といっても、独りよがりに陥ってはいけない。何事を成すにも広い視野と豊富な知識が必要だ。広い知識がなければ、せっかくの新しいアイデアもたんなる思いつきで終わってしまう。大切なのは、常に役立つ知識の収集を心がけておくことだ。

たとえば、何かをはじめようという目的があれば、まずはそれについての知識を集めることからスタートすればいい。その知識は、はじめはまとまったものではなく、断片的な知識でOKだ。ただ、偏ったものではなく、幅広く集めることがポイントになる。

そして、とにかく本を読む。本には自分の経験できないさまざまな人生や思想がいっぱい詰まっている。本を通じてさまざまな知識を蓄積し、頭の鍛錬をすることが、独創的な思考への第一段階なのだ。

目的意識が無ければ情報は集まらない

同じ制服姿の学生が大勢いるなかからでも、好きな人の後ろ姿なら一目で見分けることができるI。学生時代には、そのような経験が誰にでもあっただろう。同じように好きなもの、興味をもっていることに関する情報は、特別に意識していなくても、自然と集まってくることが多い。

たとえば、同じテレビ番組を見ていても、そこから必要な情報を取り出せる人と、そうでない人がいる。これは、いつもその情報に関心を寄せているかどうかの違いだ。無意識のうちに、雑然とした情報のなかから、人間の脳は必要な情報をピックアップしていく。

逆にいうと、自分が何を求めているのかを意識しなければ、情報を見過ごすことになってしまう。つまり、いま自分が何を欲しているのか、その強い目的意識を持つことが、情報収集に欠かせない条件になる。

深く考えるために必要な「一次情報」とは

テレビでのスポーツ観戦も楽しいものだが、実際に球場などに足を運ぶと、テレビとは比べ物にならない臨場感と感動があるものだ。

同じことは、情報収集においてもいえる。自分の目と耳で直接得た情報のことを「第一次情報」と呼び、他人の目と耳を経た情報のことを「第二次情報」というが、あなたにとって価値の高い情報は「第一次情報」のほうである。

たとえば、作家が何かの本を執筆するとき、アシスタントに取材をまかせて、そのデータをまとめるのと、自分自身で直接取材するのとでは、書いたもののリアリティーや深み、迫力に雲泥の差が生じる。

取材過程で試行錯誤し、時間をかけるなか、人間の思考は熟成し深まっていくのである。情報は「第一次情報」を得るよう心がけたい。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 眠れる「脳力」を全開にする最強の頭脳革命 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。