ビジネス、試験勉強、子供の教育にもグングン成果が上がる。みるみる冴える脳!ひらめく頭!とっておきの「脳力アップ術」を公開!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう一つ新人向けの話をしておこう。ビジネス社会には「勉強料」という言葉がある。大きな失敗をやらかしたときは、そこから大きな教訓を得ることになる。そこで、失敗によって自分が受けるダメージを、教訓を得るための「勉強料」とよぶ。ダメージを受けても、居直っていたり、必要以上に落ち込んでいたりしては何も学ぶことはできない。冷静かつ懸命に失敗の原因を分析してこそ、つぎに問題に直面したときの解決法を見つけることができる。「勉強料」というのは、そういう意味でもある。

私がよく知っている某雑誌編集者は、一度、実売80パーセントなのに赤字という雑誌をつくってしまったことがあった。80パーセントといえば、ほぽ完売を意味する。それでも赤字になったのは、経費がかさみすぎたためだった。完売で赤字というのは、売れ行きが悪くて赤字をだす以上の大ミスであり大恥である。以後、彼は、それを深く反省して、予算管理法を徹底的に研究した。おかげで、いま彼は、安い・うまい・早いのデザイナー、ライター、バイク便を熟知する「社内人材派遣屋」みたいな立場になっている。

それはともかく、新人にかぎらず、失敗したときは、かならずその原因を分析するクセをつけることだ。頭のいいビジネスマンは、失敗しても切り替えが早いものだが、頭や気持ちを切り替える前に、かならず失敗の原因を分析している。もし、そう見えないとしたら、凡人にはおよびもつかない速さで、失敗の原因を分析しているのである。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 眠れる「脳力」を全開にする最強の頭脳革命 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。