ビジネス、試験勉強、子供の教育にもグングン成果が上がる。みるみる冴える脳!ひらめく頭!とっておきの「脳力アップ術」を公開!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イマイチの人は超一流を目指し挫折するが、頭のいい人は二流のマルチを目指す。もちろん天才は日々黙々と努力を重ね、超一流になる。

イマイチの人は過去の分類やレッテルを頼りに物事を判断するが、頭のいい人は、それらを疑った上で大胆な判断や行動をする。

イマイチの人は人のマネを嫌い、ガムシャラにオリジナルを追い求めるが、頭のいい人は最初は成功者の真似をすることに抵抗を覚えない。

イマイチの人は自分のアイデアは貧困だと落ち込むが、頭のいい人は「自分にはアイデアがある」といつも自分に言い聞かせている。

イマイチの人は「プラス思考」と「楽観論」を混同しているが、頭のいい人は厳しい現実を認識し、それに耐える強さを持った上で、尚プラス思考である。

イマイチの人は少しの成功に「自分は頭がいい」と思うが、頭のいい人は「自分は頭がいい」などとは考えず、常に次の仕事や研究に前向きである。

イマイチの人はせっかくいい発想をしても頭の中で消化してしまうが、頭のいい人はその場でメモをとり、偉大な発想に結実させる。

イマイチの人は何でも言葉で表現しようとするが、頭のいい人は図を多用する。記憶する際も忘れたくないときは絵にする。

イマイチの人は当たり前のことを当たり前のこととして受け止めるが、頭のいい人は常に「何でだろう?」「あれは何だ?」という子どものような好奇心で物事を見る。

イマイチの人は感情が大きく揺れなくなるのを年齢のせいにするが、頭のいい人は「感情の老化」を非常事態として受け止め、回復に尽力する。

イマイチの人は年齢とともに記憶力が低下するが、頭のいい人は忘れないように大切なことは人に語り聞かせて覚える努力をする。

イマイチの人は自分への批判を嫌い、聞かぬように避けるが、頭のいい人は積極的に耳を傾け、利用する。

イマイチの人は「好き嫌い」を単なる感情の問題として済ませてしまうが、頭のいい人は好き嫌いがあるのを認めた上で「なぜ好きか?なぜ嫌いか?」を分析する。

イマイチの人は手書きの文章を嫌うが、頭のいい人は仕事に支障が出ない範囲でむしろ積極的に文章を手書きする。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 眠れる「脳力」を全開にする最強の頭脳革命 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。